富士の方より会社設立のご相談

Q:会社設立してから3年が経ち、事業目的を増やしたいと思うようになりました。(富士)

富士で株式会社として会社設立をしてから3年が経ちました。事業は比較的順調で、仕事内容にも慣れてきたこともあり、これまでの飲食業に加え新たな業種を始めようかと検討し始めています。しかしながら会社設立時の定款を見直してみると、事業目的の項目には飲食業にかかわる内容しか書いておらず、今回、異業種を展開したいと思っていますので、この定款目的に追加、訂正する必要がありますが可能でしょうか?(富士)

A:会社設立後に事業目的の変更を行うことは可能です。

会社経営にも慣れ、社会の流行り廃りなどを鑑み、会社設立時に含まれていなかった事業内容を新たに始めたいと思われることは珍しいことではありませんので、会社設立後に事業目的の変更を行うことは可能です。その際、異業種であっても全く問題はなく、会社設立時の定款に記載した「事業目的」に新たに始める事業の内容を記載することで可能となります。事業目的の変更に関しては、まず、株式会社の場合は株主総会を開催し、特別決議を行い、議決権の過半数を有する株主が出席、その株主の議決権の2/3以上で可決し、変更を決定します。株主総会で事業目的の変更についての決議が成立した後は、決議の日より2週間以内もしくは効力発行日の条件をつけた場合、目的変更の効力発行日より2週間以内に、本店所在地を管轄する法務局にて定款変更の登記申請を行います。登記申請には登録免許税3万円がかかりますので用意しておきましょう。
新たな事業の内容によっては、開始するためには、許認可申請が通る必要があります。申請先に事前に定款目的をどのように書いたらよいか確認しておくと良いでしょう。

私共、富嶽創業支援センターでは、会社設立の専門家として、富士エリアの会社設立に長年携わってきました。富士にお住まいの方、富士で事業を立ち上げたいとお思いの方、ぜひお気軽にお問合せ下さい。事業を始めたいけれども会社設立時に必要な定款の作り方が分からない、助成金の種類や申請方法が知りたいなど会社設立に関する様々な疑問を無料相談にて富士の地域事情に詳しい専門家がお答えさせていただきます。富士の皆様、ぜひ専門家の力をご活用ください。富士にお住いの方、まずはお気軽にお問い合わせください。富士の皆さまのお役にたてれば幸いです。富士の皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

会社設立の無料相談のご予約はこちらから
料金表バナー
株式会社設立コース 株式会社の設立は破格の0円から対応!設立時のコストを抑えたい方におススめ!
合同会社設立コース 合同会社は低コストで設立可能な手段!最も低コストで設立できるのがこちら!

サポートメニュー一覧

会社設立をお考えの方

開業・創業時の資金調達をお考えの方

開業・起業の準備でお悩みの方

会社設立後の会計税務をお考えの方

PAGE TOP