三島の方より会社設立についてのご相談

Q:会社設立をするにあたり、税理士の先生に定款についてお伺いします。(三島)

この度、会社設立をすることになりました。会社設立にあたり“定款”について税理士の先生に素人でもわかるよう説明いただけたらと思います。私たち夫婦は生まれ育った三島にて長年夢であった花屋を開店することとなり、支援して下さっている方々の協力もあって会社設立の夢の実現に向け着々と進んでおります。先の事にはなりますが、いずれは支店などの展開を予定しており、株式会社を設立することにしました。夫婦ともども会社設立については素人のため、会社設立について分からないことだらけで手続きが止まっています。まず定款を作らなければならないと聞きましたが、会社経営の知識に乏しく、そもそも定款とはどのようなものなのか分かりません。税理士の先生、分かりやすく教えて頂けますでしょうか。(三島)

A:定款は株式会社設立に必須で、その会社の根幹となる規則のことを言います。

定款とは、その会社を運営していく上での基本的規則を定めたもので、“会社の憲法”のようなものです。会社設立を検討されている方はかならず定款を作成します。

定款に記載するのは、会社名(商号)、事業内容、本社所在地、取締役選任に関する規則等で、必ず記載をしなければなない“絶対的記載事項”があります。絶対的記載事項の記載がないものは定款自体が無効となりますので注意して下さい。

【絶対的記載事項】

①目的

②商号

③本店所在地

④設立に際して出資される財産の価額又はその最低額

⑤発起人の氏名または名称及び住所

※上記にない「発行可能株式総数」を原子定款に記載しない場合は会社設立の登記までに追記します。

絶対的記載事項の他にも相対的記載事項と任意的記載事項があります。

・相対的記載事項…決めなくてもよいけれど、決めたなら定款に記載しないと有効にならない事項

・任意的記載事項…各会社、任意の記載事項。定款外で定めてもよいが、定款に盛り込むことで内容が明確となり、全社で共通認識をもつことができる。該当項目は、事業年度、役員報酬の決め方など

定款の作成が難しいようであれば、専門家である税理士へご相談くださることでスムーズな手続きが可能となります。

富嶽創業支援センターでは、会社設立の専門家として、会社設立に関する三島の皆様の様々なご質問に対して専門家が無料相談にてお答えしており、三島の皆様のご希望に沿ったサポートをさせていただいております。三島にお住まいの皆さまの会社設立のお力になれるよう、所員一同三島の皆様の親身になって最善のご提案をさせて頂きます。三島近郊にお住まいの方、三島での起業を検討中の方、ぜひ一度富嶽創業支援センターの無料相談へとお越し下さい。三島の皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

会社設立の無料相談のご予約はこちらから
料金表バナー
株式会社設立コース 株式会社の設立は破格の0円から対応!設立時のコストを抑えたい方におススめ!
合同会社設立コース 合同会社は低コストで設立可能な手段!最も低コストで設立できるのがこちら!

サポートメニュー一覧

会社設立をお考えの方

開業・創業時の資金調達をお考えの方

開業・起業の準備でお悩みの方

会社設立後の会計税務をお考えの方

PAGE TOP