沼津の方より会社設立についてのご相談

Q:会社設立を検討しています。一般社団法人とNPO法人の違いを教えてください。(沼津)

沼津で長年ボランティアとして、一人暮らしの高齢者の見回りや生活支援の手続きを行う活動をしてきました。この度需要が増えてきたことに伴い、ボランティアではなく、本格的に会社設立し法人化して活動を行うことを検討しています。非営利団体なので株式会社ではなく、一般社団法人かNPO法人を検討していますが、私には知識もなく、それらがどのような法人なのか、また違いもよくわかりません。沼津で会社設立しようと思っているのですが、そのあたりについて、詳しく教えて頂けますでしょうか?(沼津)

A:会社設立において、一般社団法人とNPO法人の大きな違いは活動内容に制限があるかです。

活動内容に制限があるかないかが“一般社団法人”と“NPO法人”の違いになります。
“NPO法人”は平成10年12月に、ボランティア活動等、市民の自由な社会貢献を発展させることを目的に特定非営利活動を行う団体として制度が施行されました。法で定められた20種類の分野の不特定かつ多数者の利益に寄与することを目的とした特定非営利活動を行う法人がNPO法人です。

一方、“一般社団法人”は営利を目的としないという点においてはNPO法人と似ていますが、NPO法人のように活動内容の制限はなく、ゆえに事業内容を自由に決めることが可能で、公益事業や共益事業のみならず、株式会社で行うような事業も行うことが出来ます。
しかしながら、たとえ収益を上げたとしても剰余金の分配はできませんので、そこは株式会社とは異なる点と言えます。
またNPO法人は、設立する際に必要とする人数や、役員の親族規定等の条件が厳しく、設立完了まで数カ月ほどかかることがありますが、一般社団法人と比べ会社設立の費用はほとんどかかりません。設立後は所轄庁へ事業報告を行ったり、情報を公開したりする義務があり多少の手間はかかりますが、その分補助金や税制優遇が受けやすいとされています。

それに対して一般社団法人は会社設立まで2~3週間程度と比較的短く、条件面もNPO法人ほど厳しくはありません。
ご相談者様が計画していらっしゃる事業内容によっても対応が異なるかと思いますので、ぜひ専門家にご相談いただき、方向性をきちんとした上で進めていきましょう。

富嶽創業支援センターでは沼津で起業をお考えの方のお手伝いをしています。新しく事業を始める際には、様々な疑問や不明な手続き等が生じてきます。沼津にお住いの皆様、会社設立についてお困り事や登記申請など煩わしいお手続きやご不明点、ご相談事がおありでしたら、丁寧かつ迅速に対応をさせて頂きますので、お気軽に等センターの無料相談にお問い合わせ下さい。

会社設立の無料相談のご予約はこちらから
料金表バナー
株式会社設立コース 株式会社の設立は破格の0円から対応!設立時のコストを抑えたい方におススめ!
合同会社設立コース 合同会社は低コストで設立可能な手段!最も低コストで設立できるのがこちら!

サポートメニュー一覧

会社設立をお考えの方

開業・創業時の資金調達をお考えの方

開業・起業の準備でお悩みの方

会社設立後の会計税務をお考えの方

PAGE TOP