伊豆の国市の方より会社設立についてのご相談

Q:会社設立を検討しておりますが、合同会社と株式会社の違いについて教えて下さい。(伊豆の国市)

まだ検討段階なのですが、地元の伊豆の国市で事業をはじめようと思っております。準備段階ではありますが自分なりに調べている中で、会社の形態には種類がある事は分かりました。私的には、会社といえば株式会社という認識しかありませんでしたが、合同会社という形態があるという事で気になっています。そこで、株式会社と合同会社の違いについてを教えて頂きたくお問い合わせをいたしました。それぞれの特徴を確認したうえで、どちらの形態で開業をするかを決めたいと思います。(伊豆の国市)

 

A:合同会社は株式会社よりも初期費用を抑えられるメリットがあります。

株式会社と合同会社の違いという事ですが、まずは合同会社について確認をしていきましょう。合同会社「LLC」(エルエルシー、有限責任会社)は、平成18年より施行の会社法により定められた持分会社という形態をとる会社を言います。LLCとは「Limited Liability Company」の略で、株式会社との違いは様々あります。

まず、LLCでは出資者である社員は、出資金額の範囲内でのみ責任を負うという「間接有限責任」という形態がとられます。ですが、利益配分については出資比率に関係なく定款の中で自由に設定する事ができ、社員の議決権も1人1票あるという点が大きな特徴になります。

また、LLCは株式会社で設立をするよりも、初期費用が低く抑えられるというメリットがあります。株式会社での設立には定款の作成があり、この定款には公証役場での認証が必要になります。この認証の際に費用が発生しますが、LLCでは定款の認証は不要となりますのでその分の費用が抑えられます。そして、会社設立時の納付する税金、登録免許税に関してもLLCでの設立の方が株式会社での設立時の半分以下の納税額となりますので、こちらについても負担が軽くなります。運営面での違いとしては、株式会社と違いLLCには株式という概念がありません。ですから、毎年の決算報告や役員の任期についての義務がありませんので、官報等への公告、役員変更登記の定期的な更新を行う必要がありません。

上記のようなメリットがある反面、出資者が経営メンバーである事が原則となりますので、運営を進めるなかで意思決定がスムーズに行える一方で、出資者同士の関係が悪くなった場合には経営そのものにも影響がでてしまうという面もあります。そして、合同会社という形態はまだまだ新しく認知度も低いものですので、外部からの信用性という点に関しても十分に考えて検討をする事をおすすめいたします。

こちらで挙げた以外にもLLCの特徴、株式会社との違いは様々ございますので、気になる方はお気軽に無料相談をご利用下さい。どのような形態で開業するべきかは、ご自身の行う事業の目的や運営方針を考慮し決定をするとよいでしょう。お困りの場合には、当センターの専門家がアドバイスをさせて頂きますので、まずはフリーダイヤルよりお問い合わせ下さい。当センターは、伊豆の国市の方の創業を支援しております。会社設立に関するお困り事でしたら、伊豆の国市での多くの実績を誇る当センターに、ぜひお任せ下さい。

会社設立の無料相談のご予約はこちらから
料金表バナー
株式会社設立コース 株式会社の設立は破格の0円から対応!設立時のコストを抑えたい方におススめ!
合同会社設立コース 合同会社は低コストで設立可能な手段!最も低コストで設立できるのがこちら!

サポートメニュー一覧

会社設立をお考えの方

開業・創業時の資金調達をお考えの方

開業・起業の準備でお悩みの方

会社設立後の会計税務をお考えの方

PAGE TOP